ご挨拶

東海村議会議員 おち辰哉(越智辰哉)

つながる行政 つながるまちづくり

12年間の様々な活動を通じて感じたこと
それは、モノが溢れ、豊かな時代だからこそ
日々の暮らしのなかで「つながり」を深める
必要があるということ・・・

行政や住民、学校や商店、事業者など「まち」を形成するさまざまな要素の「つながり」をさらに深めることこそが私たちが暮らしやすいと感じる「まちづくり」の原点だと考えます。

地域とのつながりを深める。

■こどもからお年寄りまでふれあいが生まれる場の創出
■地域活動における担い手の確保・育成

■東海第二発電所の有効活用と原子力人材の確保・育成
■原子力基礎・基盤研究の産業・医療利用の推進

■異業種・異分野交流の促進によるまちの活性化
■民間活力を有効活用した行政サービスのさらなる向上


皆さまの温かいご支援をいただき、3期12年間、充実した議会活動や地域活動を展開してまいりました。
このたび、東海村の潜在力をさらに引き出し、そして住民の皆さまの声を「かたち」にして、より良い村政の実現に向けて4期目の立候補を決意いたしました。
これまで同様、ひとりの住民としての目線と感覚を大切にしながら、皆さまの声にしっかりと耳を傾けて行動してまいります。
力強いご支援とご協力をお願いいたします。

3期目(4年間)の活動で提言してきたこと


●「子育てしやすいまち」のイメージづくり
●保育所や学童クラブの待機児童対策
●地域活動における担い手の確保・育成
●地域公共交通のさらなる充実
●公共施設の整理統合を含めた有効活用
●原子力研究の産業・医療利用の推進

2020年(令和2年)東海村議会議員立候補 パンフレット

東海村議会議員 おち辰哉(越智辰哉)
東海村議会議員 おち辰哉(越智辰哉)
タイトルとURLをコピーしました